ケースレポートの書き方ー具体例を通して
586ec03941f8e86cb700673a

ケースレポートの書き方ー具体例を通して

¥0

※こちらはダウンロード商品です

to_write_casereport_2017.pdf

530KB

学校心理士の資格申請のためのケースレポートの書き方を解説した文書ファイル(PDF形式)を提供します。  今までは有料にて販売しておりましたが、学校心理士がより増えていくことを願って、2018年9月より無料にて配布することといたしました。  文書は、2017年版となっておりますが、ケースレポートに求められる内容は変わっておりませんので、2019年度の資格申請にも問題ありません。 文書ファイルには4種類の文章が含まれています。 1)ケースレポートの書き方の解説  リソースポートのホームページで公開している文章に若干の加筆修正(約1000文字)を加えた文章です。 2)仮想事例のケースレポート(修正前)  リソースポートのホームページで公開しているものと同じものです。 3)修正前のケースレポートの修正すべきポイント  上記のケースレポート(修正前)の修正すべきポイントを25箇所以上指摘してあります。 4)仮想事例のケースレポート(修正後)  適切に修正したあとのケースレポートです。 表紙と目次を含んで4種類全ての内容で36ページ(A4)約2万文字です。仮想事例のケースレポート(修正後)は約6500文字です。 文書のお申し込みに関しましては、以下の点についてご了承下さい。 1.文書ファイルの内容は、2017年度の学校心理士資格申請にあわせた内容となっております。 ※2019年度の学校心理士資格申請については、まだ発表されておりませんが、例年通りとなると予想されます。そのため、文書ファイルの内容も2019年度においても問題ないと考えられます。 2.ご利用は、お申込み者ご本人のご利用に限らせていただきます。ファイルのコピーや配布、内容の転載などは、ご遠慮下さい。 なお、ケースレポートの書き方についての解説は以下のページをご参照下さい。 https://www.resource-port.net/schoolpsychologist/casereport/ ※ファイルはお申込み完了後にシステムがお客様に送信するメールのリンクからダウンロードできます。 ※お問い合わせなどがありましたら、ページ左下のメールのボタンをクリックしてメールフォームからお知らせ下さい。 ※2017年1月から800円、2018年1月からは600円、2018年4月からは400円にて販売し、今までに83名の方に販売いたしました。 ※2018年9月から無料にてご提供しております。 子育てカウンセリング・リソースポートhttps://resource-port.net/